レクチャー収録ツール

Udemyの動画レクチャーを作成するには、以下のようなツールがおすすめです。

初期投資は必要ですが、収益が安定すると1日で回収できます。

特に音声品質審査は厳しいので、マイクへの投資が効果的です。

パソコン

  • WindowsまたはMac、Linuxでも可
  • 動画出力をするので、できるだけ高速なCPU、多くのメモリを搭載するマシンだと、スムーズに作業ができます。
  • このサイトの管理人は、MacBook Pro 15インチ(16GB RAM + 512GB SSD)を使用しています。

スクリーン録画ソフトウェア

  • テックスミス社の【カムタジア】がおススメです。
  • 1つのライセンスで2台のPCまたはMacにインストールできます。

USB接続マイク

高品質のナレーション収録には必須です。

パソコンやスマートフォンの内蔵マイクだとノイズが大きく、編集作業に時間がかかってしまい、コース公開までに時間がかかります。

以下の2つの機種がUdemy講師には人気があります。

費用を抑えたい方はBlue Snowball iCEがおススメです。

1万円以下で購入可能です。

Blue Yeti (Udemy講師の定番)

Blue Snowball iCE (1万円以内で高音質)

ピンマイク(ノイズの多い環境でのインタビューなどで有効・カメラのマイク端子に接続)

上記の延長コード(インタビューや実演などで役立つ)

カメラ

デジタル一眼レフや、ミラーレスカメラがあると鮮明なレクチャー映像が撮れます。

実演を見せたい場合に効果的です。

サイト管理者は、Panasonic LUMIX GH4という機種を使用しています。

LUMIX GH4

 

単焦点レンズ

単焦点レンズを使うと、背景のボケたカッコいい動画を撮れます。

プロモーションビデオのクオリティを上げたい場合に役立ちます。

下は管理者の使用しているレンズです。

25mmの広角レンズですが、超広角レンズも場合によって使用します。

他には、Canon EOS 5Dなどが、Udemy講師に人気があります。

EOS 5D

 

USB-HDMIキャプチャ

また、スライドプレゼンテーションやナレーションと動画を同時に収録すると、さらに編集時間を短縮できます。

そのためには、HDMI出力をUSBに変換してパソコンに入力するキャプチャデバイスがあると便利です。

サイト管理者は以下のキャプチャ機器を使用しています。

USB-HDMIキャプチャ